エスパルス観戦記

主に清水エスパルスの観戦日記、現地レポート、試合の感想などを綴ります

監督解任

5月12日の川崎戦で敗れ、11節時点では勝ち点及び失点数共にクラブワーストを更新していること、さらには5月8日のルヴァンカップガンバ大阪に敗れ、1試合残してグループステージ敗退を受けて、ヨンソン監督が事実上の解任になりました。残念でなりません。

f:id:koukansenki:20190514185939j:image

↑就任当時(ファン感)でのヨンソン監督

就任に期待を寄せていた

2017年、昇格初年度の小林清水は守備に致命的なほどの脆さがあり、今思い起こせばロストフの14秒を彷彿とさせるような、相手陣内のセットプレーからボールを失いそのままゴールマウスに吸い込まれる光景を何度となく見てきました。また、J1全体でも年に数回程度しかない2-0からの逆転負けを2度もやらかしたり、得点直後の失点、連続失点、終了間際に失点が多いメンタルの弱さ、そこを立て直す必要があると思っていました。

就任による効果はめざましかった

監督就任から取り組んだのは、ゾーンディフェンスでした。効果は意外にもすぐに現れ開幕戦の内田篤人擁する鹿島に対して無失点でした。ボールを失ってからの帰陣が驚くほど早くなり、セカンドボールの回収率が大きく改善していました。全体として規律意識が強くなったと思います。

2017シーズンと比較すると、先制試合勝率が46%(J1リーグ17位)から75%(同6位)に、前半リード時勝率が25%(同18位)から91%(同2位)と劇的に向上し、リードしていても全く勝てる予感がしなかったおととしから、先制すればまず勝てるという確信が持てるようになっていました。

攻撃力が向上した

守備的戦術の副産物ともいえるものでした。2018年の得点はリーグ2位タイの56点、2017年の1.5倍以上です。基本戦術が高い位置でプレスをかけて、失敗したらミドルサードでは無理をせず、ディフェンシブサードでブロックを作ることが約束事で徹底されていました。特にいわゆるポジティブ・トランジションといわれるボールを奪った瞬間に周りが動き出し相手陣内で数的有利を作る攻撃が面白いほどはまっていました。その攻撃に一番フィットしていたのが裏への抜け出しにストロングポイントを持つ北川航也で、日本代表に選ばれたことになります。しかし、チームはショートカウンターに依存しすぎていました。

最後まで遅攻ができなかった

チームは去年のワールドカップの中断期間から遅攻の練習をしていました。それは、去年15節終了時点で逆転勝ちが1つしかなく、相手がブロックを作ったときに点を取る術がなかったのです。ところが、夏の移籍市場で爆発的な得点力を誇るドウグラスが加入したことによりそこ課題が解決することなく得点力も順位も上がっていきました。結果的に2018シーズンの逆転勝ちは2つにとどまり、ポゼッション率49%以上で勝てた試合はありませんでした。ボールを持たされると勝てないという問題が2019シーズンに大きくのしかかることになります。

チーム力の積み上げの失敗

2018シーズンの結果を受けて、清水が堅守速攻のチームとして大きく印象づけられることになりました。裏を返せば、相手チームからの対策はかなり厳しくなるだろうというのは明白です。チームがキャンプから取り組んだのは、ボールの保持率を上げること、パスを繋いで崩すこと、3バックと4バックのシステムの併用でした。ショートカウンターに依存したくない、ハードワークが厳しい夏場の勝率を上げたい、という意図は明確に現れていました。それが間違っているとは思いませんでした。練習試合ではそこそこの結果を出していたそうですが、2節のガンバ大阪戦、3節の札幌戦で計9失点。ボールを繋ぐところを狙われてカウンターされることが多く、積み上げは失敗に終わりました。スタイルを去年同様に戻すも後の祭り。ショートカウンターは封印され、中途半端な攻撃から多くの失点を招きました。

フロントは何をしたかったのか

補強の目玉だったエウシーニョの獲得。個の能力としてもチームの中で抜きに出てることはいうまでもありません。ところがその超攻撃的なスタイルがヨンソンの戦術に合っていたかというのは甚だ疑問で、金子が常に右サイドのカバーに追われ得点力も守備力も低下していました。果たして、補強に監督の要望はどこまで通っていたのでしょうか。今となってみれば、村田と長谷川悠の放出は痛手でした。

また、2017年同様に保有選手を減らしたところで怪我人が続出する問題。去年怪我人が少なかったのはたまたまでしょうか?それに加えて選手層が薄くなってしまうのは、立田の成功体験からなのか、高卒2年目の選手に期待しすぎているように思います。

クラブは今一度、チームが目指すスタイルの選手、監督が要望する選手を補強できていたか検証する必要があります。ここ数年で強化費は大幅に増えたので、2015年のように強化費が足りないというのは言い訳にしかなりません。

篠田コーチが新監督

次節大分戦より、篠田コーチが監督に昇格します。今年はミニキャンプができるような長い中断期間はないので、妥当な判断だと思います。早速、4-2-3-1の新システムに取りかかっているようで、だいぶやることは変わりそうです。残り23試合、平均的な残留ラインは37。そこに届くには最低でも8勝は必要です。今後は残留のために現実的に戦うことになるので、割り切って引き分けを狙うことも出てくるでしょう。サポーターの一員としてどんな内容でも1ポイントでも勝ち点をもぎ取ろうとするチームを支えていこうと思います。必ず残留しましょう。

カシマスタジアム道中記(5/3)

f:id:koukansenki:20190505103318j:image

全国屈指の交通の難所と言われるカシマスタジアムに行ってきました。10連休の影響もあり道中とてつもない時間がかかりました。アクセス方法も含めて振り返ってみましょう。

アウェイ節約旅にはしずてつエクスプレスが便利

関東方面のアウェイツアーはしずてつエクスプレスが便利。何より便利なのは、パーク&ライドに対応しているから。バス停や駅近郊で駐車場を探す必要がない上に、無料です。バスの安さもさることながら、駐車場のコストがないのは大きいです。ただし駐車場は完全予約制でネット予約に対応していません。

週末は東名の大和トンネルはほぼ確実に渋滞します。上りは午後、下りは午前に混みます。その時間帯は避けた方がいいです。首都高も渋滞することはありますが、その場合は東名江田(あざみ野駅)、用賀PA(用賀駅)、池尻大橋(同名駅)で途中下車して電車に切り替えると混雑を回避できます。

東京からはバス一択なのか

東京駅八重洲口の高速バス1番乗り場からバスが出ています。行きはシャトルバスではなく、路線バス(高速)を使います。試合開催日に限り終点が鹿島神宮から鹿島サッカースタジアムに延伸されます。路線バスといえども日中帯は1時間3~4本、夜間は1時間6本も運行しており、まさに市民の足となっているようです。ちなみに電車だと成田から1時間1本に激減してしまいます。なお、1時間に1本だけ鹿島セントラルホテル行きのバスがあるので注意して下さい。

所要時間はオンタイムだと約2時間ですが、当日は千葉市周辺と潮来IC出口と鹿嶋市内で激しい渋滞に巻き込まれ4時間かかりました。まず、バスに乗るまでの行列で1時間待っています。

バスは交通系ICカードに対応しており、わずかながら安くなります(1950円→1830円)。これとは別に予約制の直行バスがあり、路線バスとは異なりスタジアム直行となるのでいくらか時間は短縮されます。こちらは高速バスネットなど事前決済で2300円です。

帰り道

帰りは路線(高速)バスではなく、東京駅直行バスが予約なしで乗れます。ただし当日は台数に限りがあるという案内がありました。下手に余韻に浸っていると帰宅難民になりかねない危うさがありました。バスに乗ってしまえば、国道51号線を避けるように通ってくれるので、潮来ICまでは意外と早く到達できます。東京駅までの所要時間はオンタイムだと95分ですが、千葉市内で激しい渋滞があり2時間半かかりました。

f:id:koukansenki:20190505121312j:image

想定外のこと

相当に時間に余裕を持ったはずでしたが、行きの都夫良野トンネルの事故でへし折られました。連休とは関係なく高速バスの旅は交通事故があると1~2時間は簡単に押してしまいます。遠征のコストに余裕があるならやはり東京までは新幹線を使うべきです。

利根川が見えてから高速出口を降りる車の渋滞でバスがストップしたのも心をへし折られました。東京までのバスは足柄で休憩がありますが、鹿島へのバスは休憩がありません。また、鹿島へのバスの車内はトイレはあるものの補助席が使われるため移動もままならない状態、4時間座り続けるのも含めて苦痛でした。

f:id:koukansenki:20190505121348j:image

東京駅からの帰りの出発は試合終了後4時間の余裕を持たせて、実際1時間以上余裕がありましたが、これが上りの大渋滞による車両繰りで1時間遅れの発車となりました。こればかりはしょうがないですが、発車してからまたも首都高で事故渋滞に巻き込まれさらに時間が押しました。

やっぱり鹿島への遠征は苦しい

東京まではいくらか工夫は可能だとしても、東京からの移動手段は車が前提となるためその混雑を避けるのがとても難しいです。自家用車だと便利で周辺には駐車場も多いですが、入場待ちを含めて試合開始から12時間以上前に出なければならないでしょうか。オフィシャルツアーもありますが、運賃が1万4000円します。将来的にはサポーター同士によるライドシェアリングが出てくるのではないかと思います。結論は鹿島はなめてかかってはいけない!

 

【プレビュー】浦和に勝ちたい

明日、4月28日は浦和レッズ戦。まずはこの記録から見ていきましょう。

f:id:koukansenki:20190427200736g:plain

対戦相手別の連続勝ちなし数です。4以上のところはJ1復帰後一度も勝てていません。松本は先日のカップ戦を含め未だ勝利したことはありません。現在J2所属チームの中では大宮に勝ちなしが続いており、愛媛は2戦とも引き分けで勝てませんでした。

この中では意外にも仙台に長く勝てない時期が続いており、これを上回るのが浦和でここ6年間勝てていないことになります。

f:id:koukansenki:20190427200743g:plain

こちらが2013年以降の対戦成績になります。特に象徴的なのは2014,15年にエコパで2年続けて4失点負けをしていることです。得点者を見ると興梠だけで8点取られており、センターバックの森脇と槙野にも2点ずつ取られているのも特徴といえます。清水の選手では鄭大世と金子が3得点している一方で、北川は5試合無得点となっています。

前回対戦は先制して追いつかれるも、2度にわたり勝ち越しをして追い詰めるもあと一歩及びませんでした。

最後に勝った試合は圧倒的に支配されながら、数的優位も手伝ってシュート3本で逃げ切った試合でした。現在現役でこのときの勝利を知る選手は河井のみです(正確には竹内と石毛も含むが離脱中)。

浦和、鹿島、川崎、大分と続く前半戦最大の山場。浦和への苦手意識を平成のうちに終わらせることはできるでしょうか。

ルヴァンカップホーム松本戦 現地リポート

アイスタに降りしきる・・・

f:id:koukansenki:20190425235501j:image

強い雨

f:id:koukansenki:20190425235457j:image

この日は横風が強く、1階席後列を除けば屋根があるところもほぼずぶ濡れになりました。今年最悪のコンディションの中駆けつけた観客は4523人、ガンバ戦より増えました。

反対側から見る印象以上にバスの中では松本サポが多かったです。平日にもかかわらず遠くはるばる信州から来ているようですね。

やっぱり、松本山雅は強いです。。。

ホームセレッソ戦 現地リポート

スタジアムの桜も終わり、新緑の季節が到来しました。それとは裏腹に空一面雲に覆われ肌寒く、陽気としては春本番ではありませんでした。写真中央奥にはエコパで使われた価値ロコの横断幕があります。葉桜になったということで今日ここに桜を咲かせるわけにはいきません

f:id:koukansenki:20190422191744j:image

次はこの写真をご覧いただきましょう。開場したばかりでもなければ撮影日を間違えたわけでもありません。キックオフ10分前です。この日の観客動員数は11,028人と週末昼開催としてはJ1昇格後最低、降格前も含めると2013年の7節セレッソ戦以来6年ぶりの少なさとなりました。カップ戦ではありません。

f:id:koukansenki:20190422191736j:image

 あまりの観客動員の少なさに帰りの混雑もなかったのか、今年初のサポーターズパークは予定より30分前倒しになりました。ここまで負けが続いた影響か、チケット値上げの影響なのか、早くも動員が落ち込んでます。今後は駐車場事情が厳しくなるので、チケット変動価格制の早期導入とさらなる駐車場施策が求められます。

静岡ダービー(アウェイ)現地リポート

曇り空に殺気漂うエコパスタジアム。試合開始まで天気は持ちこたえました。

毎度のごとく、開門は試合開始2時間前。4000人はいたであろう清水サポーターの長い行列がはけるまでには1時間は要しました。開門を早めるとか、チケットレスを導入するとか、何か改善をして欲しいと思います。

スタグルは主にエコパの正面入り口に多数あります。アウェイは反対側から入るので関係ないですけどね

f:id:koukansenki:20190419165814j:image

上から見るとこんな感じで、味スタが約3000人らしいのでスタジアムに占める領域もだいたい味スタの1.5倍くらいになっています。2層目は空席が目立ち、1層目も緩衝地帯近くは空席がありました。エコパはゴール裏とアウェイ側指定席以外はアウェイ応援禁止なので全体としては水色に染まっていましたが…

それでも、ダービーゆえに声量はスタジアム全体を轟かせる勢いはあったと思います。
f:id:koukansenki:20190419165817j:image

試合途中から雨が降り出し、屋根があるとはいえ1層目の前方の席とせり出し席は雨合羽が必要な状態にありました。

試合終了では雨は弱まりましたが、掛川インターに至る道路ではサポーターが追突事故を起こしたりしていて、やはり家に帰るまでがダービーと思って欲しい。おかげでだいぶ時間が押しました。。。

リーグカップのホームガンバ大阪戦 現地リポート

満開となった日本平の夜桜に、降りしきる雨。真冬の寒さが戻ってきました。ピッチレベルの温度は11度、これでも昼間と比べると5度くらい上がっています。ゴール裏は強風が直接吹き付けて、寒い寒い。雨は試合開始直後に上がりましたが、ずっとポンチョを着続けていた方が暖かく感じました。

f:id:koukansenki:20190411191252j:image

久々に、スタグルを買ってみました。西サイドスタンドのコンコースにあるソーセージ店はpaypayに対応していました。小銭を持ち歩かなくていいですし、今なら20%還元です。他を見る余裕はありませんでしたが、キャッシュレス決済対応の店が増えるとありがたいところです。

f:id:koukansenki:20190411191303j:image

そして、ドリームプラザ近くにあるマリンパーキングの最大料金が5月14日を持って廃止されることになりました。日の出パーキングと料金体系が同一になるので、開門から試合終了までいたとして料金はおおよそ1200円程度(どちらもドリプラで1時間割引あり)。地域最大級の駐車場が大幅値上げすることにより、アイスタへ向かう駐車場事情は激変しそうです。

隣接するタイムズも海洋・地球総合ミュージアム(仮称)の建設予定地となっており、そう遠くないうちになくなりそうです。

これにより、アイスタへの交通手段としては、パークアンドライドすら許されない状況になるかもしれません。