エスパルス観戦記(仮)

主に清水エスパルスの観戦日記、現地レポート、試合の感想などを綴ります

ルヴァンカップホーム松本戦 現地リポート

アイスタに降りしきる・・・

f:id:koukansenki:20190425235501j:image

強い雨

f:id:koukansenki:20190425235457j:image

この日は横風が強く、1階席後列を除けば屋根があるところもほぼずぶ濡れになりました。今年最悪のコンディションの中駆けつけた観客は4523人、ガンバ戦より増えました。

反対側から見る印象以上にバスの中では松本サポが多かったです。平日にもかかわらず遠くはるばる信州から来ているようですね。

やっぱり、松本山雅は強いです。。。

ホームセレッソ戦 現地リポート

スタジアムの桜も終わり、新緑の季節が到来しました。それとは裏腹に空一面雲に覆われ肌寒く、陽気としては春本番ではありませんでした。写真中央奥にはエコパで使われた価値ロコの横断幕があります。葉桜になったということで今日ここに桜を咲かせるわけにはいきません

f:id:koukansenki:20190422191744j:image

次はこの写真をご覧いただきましょう。開場したばかりでもなければ撮影日を間違えたわけでもありません。キックオフ10分前です。この日の観客動員数は11,028人と週末昼開催としてはJ1昇格後最低、降格前も含めると2013年の7節セレッソ戦以来6年ぶりの少なさとなりました。カップ戦ではありません。

f:id:koukansenki:20190422191736j:image

 あまりの観客動員の少なさに帰りの混雑もなかったのか、今年初のサポーターズパークは予定より30分前倒しになりました。ここまで負けが続いた影響か、チケット値上げの影響なのか、早くも動員が落ち込んでます。今後は駐車場事情が厳しくなるので、チケット変動価格制の早期導入とさらなる駐車場施策が求められます。

静岡ダービー(アウェイ)現地リポート

曇り空に殺気漂うエコパスタジアム。試合開始まで天気は持ちこたえました。

毎度のごとく、開門は試合開始2時間前。4000人はいたであろう清水サポーターの長い行列がはけるまでには1時間は要しました。開門を早めるとか、チケットレスを導入するとか、何か改善をして欲しいと思います。

スタグルは主にエコパの正面入り口に多数あります。アウェイは反対側から入るので関係ないですけどね

f:id:koukansenki:20190419165814j:image

上から見るとこんな感じで、味スタが約3000人らしいのでスタジアムに占める領域もだいたい味スタの1.5倍くらいになっています。2層目は空席が目立ち、1層目も緩衝地帯近くは空席がありました。エコパはゴール裏とアウェイ側指定席以外はアウェイ応援禁止なので全体としては水色に染まっていましたが…

それでも、ダービーゆえに声量はスタジアム全体を轟かせる勢いはあったと思います。
f:id:koukansenki:20190419165817j:image

試合途中から雨が降り出し、屋根があるとはいえ1層目の前方の席とせり出し席は雨合羽が必要な状態にありました。

試合終了では雨は弱まりましたが、掛川インターに至る道路ではサポーターが追突事故を起こしたりしていて、やはり家に帰るまでがダービーと思って欲しい。おかげでだいぶ時間が押しました。。。

リーグカップのホームガンバ大阪戦 現地リポート

満開となった日本平の夜桜に、降りしきる雨。真冬の寒さが戻ってきました。ピッチレベルの温度は11度、これでも昼間と比べると5度くらい上がっています。ゴール裏は強風が直接吹き付けて、寒い寒い。雨は試合開始直後に上がりましたが、ずっとポンチョを着続けていた方が暖かく感じました。

f:id:koukansenki:20190411191252j:image

久々に、スタグルを買ってみました。西サイドスタンドのコンコースにあるソーセージ店はpaypayに対応していました。小銭を持ち歩かなくていいですし、今なら20%還元です。他を見る余裕はありませんでしたが、キャッシュレス決済対応の店が増えるとありがたいところです。

f:id:koukansenki:20190411191303j:image

そして、ドリームプラザ近くにあるマリンパーキングの最大料金が5月14日を持って廃止されることになりました。日の出パーキングと料金体系が同一になるので、開門から試合終了までいたとして料金はおおよそ1200円程度(どちらもドリプラで1時間割引あり)。地域最大級の駐車場が大幅値上げすることにより、アイスタへ向かう駐車場事情は激変しそうです。

隣接するタイムズも海洋・地球総合ミュージアム(仮称)の建設予定地となっており、そう遠くないうちになくなりそうです。

これにより、アイスタへの交通手段としては、パークアンドライドすら許されない状況になるかもしれません。

今置かれている状態

開幕してまだ6試合、つまりまだあと28試合あるとはいえます。しかし、今置かれている立場を認識しておく必要があります。極めて厳しい状況にあります。

f:id:koukansenki:20190408201246g:plain

延長戦がなくなり90分制のレギュレーションになってから、過去17年間に開幕6試合が終了して勝ち点が2以下だったチームは延べ14あります。そのうち、残留を果たせたクラブはわずかに4つしかありません。

クラブはトップ5を目標にしていましたが、去年のガンバの大ブーストを持ってしても上位には及びませんでした。

昇格1年目、2年目のクラブはもれなく降格しています。残留できたのは5年目以上のクラブ、監督交代はあまり残留には影響しないようです。開幕の躓きを打破するには地力が必要でしょうか。

図には示しませんでしたが、残留できた4つのクラブのうち、7節は2008年の千葉を除き全て勝利しています。次節は是が非でも勝たなければなりません。

 

なぜここまで低迷することになったのか?個人的な見解としては3バックがはまらなかったことにより、去年されなかった相手の対策をもろに受けることになったからだと思っています。

2節まで使われていた3バックは問題点がありすぎました。

  • 北川が1トップで機能していない
  • 金子と石毛がトップ下で機能していなかった
  • エウシーニョは中央に切り込むためWB向きではない
  • 松原もWBで使ったら帰陣が遅くなった
  • 河井と竹内がディフェンシブハーフでポジションが不安定になった
  • ヴァンデルソンがフィットしていなかった

以上の理由が考えられ、3節ではオプションで使われたものの、4節以降は全く使われなくなりました。

3バックの戦略はカウンター以外での得点を増やすことと、去年は2試合しかなかった逆転勝ちを増やすための手段だったと思います。戦略を増やすことでチームとしての積み上げを狙ったわけですが、結果として去年と変わらない、相手としてはスカウティングされやすい状態に陥ったとみています。

【感想】リーグ戦第6節 1-2FC東京

大同団結したこのカメラマンの数。右サイドを駆け上がる久保を狙うためにあり、もちろん、後半になればこのカメラマンの一団は逆サイドに移動していなくなりました。

去年までは知名度で盛り上がっているところもありましたが、今年はまさにチームの柱として躍動して何度も決定機を作られ、あわや無双されるところでした。他の若手選手と比べてもちょっと比較にならないです。

f:id:koukansenki:20190407232101j:image

今節は前節の反省が生かされ、コンパクトに守って相手の背後を狙う去年からの戦略通り戦えていました。そう、74分までは。

河井との入れ替わりでボランチに入ったヘナトは球際に激しく、攻守にわたり貢献していました。北川へのアシストも、見事なものでした。

しかし、1点を先制したことにより相手が前掛かりに来るだろうという見込みに誤りがあったようです。去年のアウェイの勝利はその戦略がはまっていたと思います。今年はそれが対策され、1点リードでもパワーバランスは変わらず、ハーフコート状態にはなりませんでした。つまり狙われていたのは一瞬の隙でした。またそれは二枚替えで個の技術で剥がす東京の交代策がはまった瞬間でもありました。

後半途中から出場したドウグラスは2人3人で囲まれる場面が続出し、決定的な場面を作るには至らず。どうしても勝たなければならず前掛かりになる清水をあざ笑うかのごとく2失点目は前節同様手数をかけない攻撃で仕留められることになります。テセの方が東京はやりにくそうにしている印象はありました。

逆転された後は、守備的選手がベンチに何人もいながらも3バックにしてパワープレーを繰り出すこともさせてもらえず、去年は2度しかなかった逆転負けを6節までに2度してしまいました。

f:id:koukansenki:20190407232107j:image

 6節が終わり、共通してされている対策は、相手が前掛かりで来ずボールを持たされること、手数と人数をかけない攻撃をされ続けていることにあります。堅守速攻を対策され続けていることは明らかで、小林清水の時に露呈した攻撃から守備への切り替えの悪さ、そこを突かれているように思います。今節のように戦略的にはうまくいっていても相手の対策がそれを上回っているという現実、修正点が見えないところが苦しいところです。この結果を受けて、6節で2ポイントという清水エスパルス史上経験したことのない目の前にある危機に直面することになりました。もうこの先はダービーに勝つのは当たり前で、その先も勝ち続けることが求められます。

アウェイFC東京戦 現地レポート

静岡ではようやくサクラ満開となりましたが、東京では早くもサクラ舞う季節となっていました。

半年ぶりに味スタにやってきました。思えば去年は台風直撃の前夜で見る方としてもコンディションに恵まれませんでしたが、今年は天気に恵まれました。

f:id:koukansenki:20190406233654j:image

FC東京戦の入場チケットはLINEチケットに対応しているのが便利。決済もLINEpayで済ませられ、当時は20%還元でお得でなによりスマホで全てが完結できるのが便利です。場内売店スマホ決済対応だとより便利そうです。

一方で去年に引き続きラグビーワールドカップに向けてトイレの工事が行われているところがありました。

f:id:koukansenki:20190406234333j:image

ビジター寄りだとスタグルはカレー屋さんと串のすけがありました。

f:id:koukansenki:20190406235036j:image

赤青広場にもフードコートがあるそうです。場外のためアウェイサポーターはもとよりチケットを持ってない人でも入れる場所になっています。13時ころにはライブもやっていました。

f:id:koukansenki:20190406235504j:image

スタジアム内は音の反響の仕方がとても素晴らしいです。やはり屋根は必要ですね。